未経験からのインフラエンジニア入門

成長性と将来性で注目されるIT業界。まったくの異業種からITエンジニアへの転身は簡単ではありません。しかし、その気になればチャンスはいくらでもあります。ITエンジニアにも様々な職種がありますが、中でも特にいま注目すべきはインフラエンジニア。未経験からの転身を目指すにあたって、需要増が目立つインフラエンジニアは狙い目です。異業種からのチャレンジに役立つ情報を提供します。

未経験・異業種からのインフラエンジニア

未経験・異業種からのインフラエンジニア

業界内での転職であれば業務経験や業界知識などを活かすことができますが、他業界への転身となればその後の職業人生は少なからず変化することになりますから、慎重に検討する必要があります。勢いがあり華やかなイメージのIT業界ですが、いざ異業種からの転身を目指すにあたっては行動を起こす前にその業界の特徴や動向、自分自身の適性、収入の相場、求人事情などもしっかりと確認しておきたいところです。業界未経験からインフラエンジニアを目指す人が知っておくべきIT業界の動向を紹介します。詳しく読む

インフラエンジニア転身への不安解消のために

インフラエンジニア転身への不安解消のために

業界未経験から異業種であるIT業界へインフラエンジニアとして転身するとなれば、どうしても不安がつきまといます。異業種転身の不安を解消するために、事前にできることはいくつもあります。まず、年収や適性に関する不安は客観的に分析やリサーチをすることである程度解消されます。知識やスキルに関する不安は学ぶことで解消できます。転身に有利な資格の取得を目指すのも良いでしょう。行動を起こすことで不安は解消できるものです。詳しく読む

それでも転身が不安なら

それでも転身が不安なら

インフラエンジニアは専門知識を要する技術職ですから、他業界から転身を目指す未経験者はやはり不安になるものです。インフラエンジニアに必要なスキルも確認し、適性分析などもしてみたけれど、それでも不安がぬぐえないという場合は、自分自身がもっとも不安に感じている要素は何なのかを改めて見つめ直してみましょう。スキルや知識に自信がないのであれば、事前に学ぶことで解消できます。転職活動自体が不安なのであれば、IT業界に精通したエージェントに相談してみましょう。詳しく読む

全く知識がないならまずはチェック

  • 事前にエンジニア適性を見極めておく

    どんな仕事にも適性、つまり「向き不向き」というものがあります。インフラエンジニアももちろん例外ではありません。事前にエンジニアとしての適性を自分でチェックしてみることをおすすめします。IT系エンジニアというと理系の仕事という印象があるようですが、そんなことはありません。現役エンジニアの中には文系出身者が多数活躍しています。性格的な部分でいえば、オールマイティタイプの人、悪くいえば「飽きっぽい人」には向いていないかもしれません。何かひとつのことを追求するタイプの人にはエンジニア気質と言えるでしょう。

  • IT業界の有効求人倍率の動向

    人手不足はIT業界全体が抱える大きな課題です。当サイトでフォーカスしているインフラエンジニアはもちろんですが、プログラマやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャなどあらゆる職種で人手が足りていないのが現状です。アベノミクスによる景気回復の波と比例するかのようにIT業界の有効求人倍率も上がり続けています。そのため、未経験者も積極的に採用し、研修制度によってエンジニアとしてしっかり育成するという企業がますます増えてきています。

  • 異業種からIT業界への転身の動向

    インフラエンジニアのような専門知識とスキルを必要とする技術職は、キャリアアップしやすいという特徴があります。実務経験などの経験値がエンジニアの価値として評価され、業界内での転職などでも収入アップしやすいという傾向があります。一方、IT業界は様々な業種の知識やノウハウを要する業界でもあり、かつ慢性的な人材不足も抱えていますから他業界での業務経験も歓迎されるという側面を持っています。終身雇用の文化が崩壊した現代の日本社会では、転職はキャリアアップのための手段となっているのです。