当サイトについて

当サイトについて

Pocket

サイトポリシー

以下に、当ウェブサイト「未経験からのインフラエンジニア入門」(以下、当サイト)のサイトポリシーを記載します。当サイトをご利用になられる際は、ご一読ください。

知的財産権等について

当サイト(当サイトを構成する文章・テキスト、画像、素材、写真、商標等を含みます)に関する知的財産権等の権利は、当サイトまたはその他の権利者が保有管理しています。当サイトの利用にあたり、利用者がこれらの権利者から適正な許可・承諾を得ることなく当サイトの全部または一部を無断で使用すること(複製、転用、改変、販売等)は、権利者の正当な権利を侵害する行為にあたり、法律によって固く禁じられています。

リンクについて

当サイトへのリンクを希望される方は、当サイトの担当者がサイトを確認させていただく場合がございますので、その旨および対象となるサイト(リンク元のサイトおよび当サイトのリンク先)のURLを事前にご連絡ください。尚、リンク元のサイトの内容によっては当サイトの判断によりリンクをお断りする場合もございます。さらに、リンク許諾後におきましても状況の変化等により、リンクの許諾を取り消す場合がございます。その場合は速やかにリンクを削除して頂きますのでご了承ください。
また、当サイトからリンクしているリンク先のサイトは第三者の責任によって管理運営されているものであり、その内容等およびそこから発生する問題もしくは副次的発生するあらゆる問題について当サイトは何ら責任を負うものではありません。

免責事項について

当サイトは、当サイトに掲載する情報については細心の注意を払っています。ただし、掲載されている情報の内容に関してその信憑性、有用性、安全性を保証するものではありません。前述の安全性とは、当サイトの各機能が常に正常に動作すること、掲載情報に間違いがないこと、エラー等が発生しないこと、問題が発生した場合にその問題を修正すること、当サイトおよびサーバーにコンピューターウィルスその他の有害物がないこと等を含みます。
当サイトの閲覧・利用にあたりましては、利用者本人の責任によるものといたします。
当サイトの閲覧・利用において生じる一切の損害・不利益について、当サイトは何ら責任を負うものではありません。
また、当サイトは予告なく情報の変更、中断、中止を行う場合がございます。

全く知識がないならまずはチェック

  • 事前にエンジニア適性を見極めておく

    どんな仕事にも適性、つまり「向き不向き」というものがあります。インフラエンジニアももちろん例外ではありません。事前にエンジニアとしての適性を自分でチェックしてみることをおすすめします。IT系エンジニアというと理系の仕事という印象があるようですが、そんなことはありません。現役エンジニアの中には文系出身者が多数活躍しています。性格的な部分でいえば、オールマイティタイプの人、悪くいえば「飽きっぽい人」には向いていないかもしれません。何かひとつのことを追求するタイプの人にはエンジニア気質と言えるでしょう。

  • IT業界の有効求人倍率の動向

    人手不足はIT業界全体が抱える大きな課題です。当サイトでフォーカスしているインフラエンジニアはもちろんですが、プログラマやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャなどあらゆる職種で人手が足りていないのが現状です。アベノミクスによる景気回復の波と比例するかのようにIT業界の有効求人倍率も上がり続けています。そのため、未経験者も積極的に採用し、研修制度によってエンジニアとしてしっかり育成するという企業がますます増えてきています。

  • 異業種からIT業界への転身の動向

    インフラエンジニアのような専門知識とスキルを必要とする技術職は、キャリアアップしやすいという特徴があります。実務経験などの経験値がエンジニアの価値として評価され、業界内での転職などでも収入アップしやすいという傾向があります。一方、IT業界は様々な業種の知識やノウハウを要する業界でもあり、かつ慢性的な人材不足も抱えていますから他業界での業務経験も歓迎されるという側面を持っています。終身雇用の文化が崩壊した現代の日本社会では、転職はキャリアアップのための手段となっているのです。