未経験・異業種からのインフラエンジニア

未経験・異業種からのインフラエンジニア

業界未経験で異業種へ転身するのは勇気がいることですし、同業他社への転職よりもハードルが上がることは明白です。チャレンジする前にまずは転身先の業界についてしっかりと調査し、事前知識を仕入れておくことが大切です。後から「こんなはずじゃなかった」と後悔することのないように、業界の適性、年収相場などもリサーチしておきましょう。当サイトは未経験からIT業界へインフラエンジニアとしての転身を目指す人のためのサイトですので、IT業界の転身・求人動向などを紹介します。

未経験・異業種からのインフラエンジニアの記事一覧

  • 異業種からIT業界への転身の動向

    異業種からIT業界への転身の動向

    一度就いた仕事を離れて別業種への転職をするというのは、わからないことが多いだけに不安が大きくてなかなか踏みきれないかもしれません。しかし、業種は違っていても手に職をつけられるような職種へ思いきって転職するならば、その先経験を重ねていくことによってさらなるキャリアアップの道が見えてくるようになります。かつてのような終身雇用の世の中ではなくなった現代では転職は珍しいことではなく、ステップアップのチャンスになるのです。

  • IT業界の有効求人倍率の動向

    IT業界の有効求人倍率の動向

    アベノミクスによる景気回復の影響で、近年の有効求人倍率は上昇傾向にあります。特にITエンジニアの世界はこれが顕著で、職種別の有効求人倍率は3倍台をキープするなど凄まじいまでの売り手市場にあります。これは、ITエンジニアの頭数が不足していることに他ならず、優秀な人材でないといらないという贅沢を言っていられる状態ではないのです。もしあなたがIT業界未経験であっても、経験を積んで実力をアップさせ、IT業界で活躍できるレベルになれる可能性があるということなのです。

  • インフラエンジニアの需要動向

    インフラエンジニアの需要動向

    インフラエンジニアは、通信システムのハード面の整備、管理を担う重要な仕事をしています。この仕事そのものは決して目立つわけではありませんが、企業がスムーズに業務を行っていく上でインフラ環境の安定は欠かせない要素で、縁の下を支えてくれる必要不可欠な存在です。通信インフラは一度トラブルが起きてしまうと、復旧するまでにかかる時間がたとえわずかであっても、被ってしまう被害があまりにも大きくなってしまうことも珍しくありません。

全く知識がないならまずはチェック

  • 事前にエンジニア適性を見極めておく

    どんな仕事にも適性、つまり「向き不向き」というものがあります。インフラエンジニアももちろん例外ではありません。事前にエンジニアとしての適性を自分でチェックしてみることをおすすめします。IT系エンジニアというと理系の仕事という印象があるようですが、そんなことはありません。現役エンジニアの中には文系出身者が多数活躍しています。性格的な部分でいえば、オールマイティタイプの人、悪くいえば「飽きっぽい人」には向いていないかもしれません。何かひとつのことを追求するタイプの人にはエンジニア気質と言えるでしょう。

  • IT業界の有効求人倍率の動向

    人手不足はIT業界全体が抱える大きな課題です。当サイトでフォーカスしているインフラエンジニアはもちろんですが、プログラマやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャなどあらゆる職種で人手が足りていないのが現状です。アベノミクスによる景気回復の波と比例するかのようにIT業界の有効求人倍率も上がり続けています。そのため、未経験者も積極的に採用し、研修制度によってエンジニアとしてしっかり育成するという企業がますます増えてきています。

  • 異業種からIT業界への転身の動向

    インフラエンジニアのような専門知識とスキルを必要とする技術職は、キャリアアップしやすいという特徴があります。実務経験などの経験値がエンジニアの価値として評価され、業界内での転職などでも収入アップしやすいという傾向があります。一方、IT業界は様々な業種の知識やノウハウを要する業界でもあり、かつ慢性的な人材不足も抱えていますから他業界での業務経験も歓迎されるという側面を持っています。終身雇用の文化が崩壊した現代の日本社会では、転職はキャリアアップのための手段となっているのです。