インフラエンジニアの種類を知っておく

インフラエンジニアの種類を知っておく

Pocket

いくつかの種類に分類できるインフラエンジニア

インフラエンジニアはいくつかの種類に分類でき、その役割はそれぞれ異なります。
主にサーバーを担当するのがサーバーエンジニアで、ネットワークを担当するのがネットワークエンジニアです。双方を一人で担当するケースもあります。
また、近年はクラウド上でインフラ構築を行うクラウドエンジニアも登場しています。クラウドサービスの需要の高まりに伴い、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアからクラウドエンジニアへと転身する人も増えているようです。
以下で、各エンジニアの仕事内容を詳しく見ていきます。インフラエンジニアの役割をいまいち掴めず転身をためらっている人は、ぜひ読んでみてください。

サーバーエンジニアとは

サーバーエンジニアは、サービスや機能を提供するサーバーの運用業務全般を担います。
まずは、クライアントの目的やコスト、通信速度などに合わせ、サーバーを設計。構築フェーズでは、システム運用に適したOSやソフトウェアのインストール、パラメータの設定などを実施します。サーバーにはさまざまな種類があるため、利用するサーバーに適したものを選択する必要があります。また、サーバーの監視やセキュリティチェック、バックアップ、トラブル対応といった運用・保守業務も重要な仕事です。
サーバーには、データベースサーバーやWebサーバー、アプリケーションサーバーといった多彩な種類があります。いずれのサーバーを扱うにしても、OSやネットワーク、セキュリティに関する知識は必須です。

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアは、コンピューター同士をつなぐネットワークシステムの構築・運用を担当しています。
まずはクライアントへのヒアリングを行い、ネットワーク機器の種類や数、回線などを設定。システム運用に最適なネットワークシステムを設計し、その設計書をもとに回線を設置します。ネットワーク構築後はネットワークの変更・増設やトラブル対応などを行い、円滑なネットワーク環境の維持に努めます。
ネットワークエンジニアには、TCP/IP全般の基礎知識や、DNSやWWWサーバー、無線LANなどに関する知識が求められます。また、トラブルをスムーズに解決に導く論理的思考能力や、クライアントの要望を正確に聞き出すためのコミュニケーションスキルも必須です。

クラウドエンジニアとは

クラウドサービスの普及により、自社で物理的なサーバーを持たずともインフラ構築が行えるようになりました。コスト削減や開発スピードの向上のために、クラウドを導入する企業が増えています。そのため、クラウドエンジニアの需要は増加傾向にあるようです。
ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアはハードウェアや機器といった物理的な装置を扱いますが、クラウドエンジニアは、AWSやGCP、Azureなどに代表されるクラウドサービス上でシステム環境を構築します。新規の環境構築だけでなく、既存システムのクラウド移行も業務の一環です。
クラウドエンジニアには、クラウド製品やサーバー・ネットワークの仮想化、データベース技術など、クラウドに関するスキルが求められます。もちろんインフラ全般の知識やスキルも必須です。

全く知識がないならまずはチェック

  • インフラエンジニアの種類を知っておく

    インフラエンジニアは、主にサーバーエンジニアやネットワークエンジニア、クラウドエンジニアなどに分類できます。いずれも、ITサービスになくてはならないインフラ環境を支える重要な職種です。インフラエンジニアは業務範囲が幅広く、未経験の場合はなかなか仕事内容を把握しにくいかもしれません。ただ、種類ごとに行っていることを何となくでも理解できれば、転身しやすくなるでしょう。

  • 事前にエンジニア適性を見極めておく

    どんな仕事にも適性、つまり「向き不向き」というものがあります。インフラエンジニアももちろん例外ではありません。事前にエンジニアとしての適性を自分でチェックしてみることをおすすめします。IT系エンジニアというと理系の仕事という印象があるようですが、そんなことはありません。現役エンジニアの中には文系出身者が多数活躍しています。性格的な部分でいえば、オールマイティタイプの人、悪くいえば「飽きっぽい人」には向いていないかもしれません。何かひとつのことを追求するタイプの人にはエンジニア気質と言えるでしょう。

  • 必須スキルを抑えておく

    インフラエンジニアを目指す場合、まず把握しておきたいのが必要とされるスキルです。インフラエンジニアは、ITサービスの基盤となる部分を担うポジション。サーバー・ネットワーク全般の知識はもちろん、クライアント側の要望を汲み取るコミュニケーション能力も求められます。ここでは、そんなインフラエンジニアが持っておきたい基本的なスキルを挙げています。さらに、プラスアルファとして学んでおきたい言語や将来ニーズの高まりが期待される分野にも言及しているため、今後どういった方向に進むかの参考にしてみるといいでしょう。