知識に不安、事前に学ぶ

知識に不安、事前に学ぶ

Pocket

業界未経験者のためのプログラム

IT業界は慢性的な人材不足に悩んでいますが、そんなIT業界の中でも特に求人が多いのがインフラエンジニアです。しかしインフラエンジニアにはプログラムに関する専門的な知識や能力が必要で、転職を希望したとしても未経験者が飛び込むには敷居が高いのが現実です。
そんな業界未経験ながらもインフラエンジニアを目指す人々を支援するためのプログラムがELITESです。ELITESでは、インフラエンジニアにとって必要となるPHP、MySQL、Linux(CentOS)などのプログラミングを学ぶことができる社会人向けのプログラムです。
ELITESには本気でインフラエンジニアの道を目指す人々が集っています。年齢や職歴が異なりながらもインフラエンジニアとしての希望を抱く、熱く強い志を持った人たちの集いがELITESなのです。

同じ志を持った仲間と共に取り組める

ELITESでの講座は週末の土日に開催され、1カ月間のカリキュラムが終了するとインフラエンジニアとして必要な知識と能力が身につきます。
インフラエンジニアになるには、専門的なプログラミングの学習が必要となります。ここで書籍や通信教育などを利用し、独学でそれらプログラミングの学習をすることも可能ですが、それではわからないところが出てきた際に対応できません。
また独学での学習はやる気を維持できず、難しいものがあります。しかしELITESであれば、そのようなことはありません。講座の受講中いつでも専門知識を持つ講師に質問して不明な点を解消できます。さらに講座が開催されない平日でもチャットサポートが用意されているため、不明点をいつでも質問することができます。
さらにELITESに参加すれば、同じ志を持った仲間が生まれます。参加者は皆プログラミングに対して素人であるため、初心者としての苦悩を分かち合え、孤独感を抱くことなく最後までカリキュラムを続けることができるのです。
経験のない人が、初めてプログラミングの学習を開始する理想的な環境が整えられているのがELITESなのです。

実践的なカリキュラムが組まれている

ELITESではインフラエンジニアとして必要となるプログラミングの知識が得られるだけではありません。ELITESでは、企業から受注した案件に基づいたカリキュラムも組まれています。さらにELITESでは、それら実際の案件にエンジニアとして参画することで報酬を手にすることもできます。
つまりELITESに参加すれば、学習だけではなくエンジニアとして働くことも可能となるのです。これは企業から案件を受注しているELITESならではの特徴で、他では得られないものです。このような案件を経験すれば本人の自信が深められるだけではなく、その後の就職活動や採用後の活動において有利に働きます。
インフラエンジニアとして必要な実践経験をカリキュラムにおいて経験できるというのがELITES最大の特徴となっているのです。

http://elite.sc/http://elite.sc/

全く知識がないならまずはチェック

  • 事前にエンジニア適性を見極めておく

    どんな仕事にも適性、つまり「向き不向き」というものがあります。インフラエンジニアももちろん例外ではありません。事前にエンジニアとしての適性を自分でチェックしてみることをおすすめします。IT系エンジニアというと理系の仕事という印象があるようですが、そんなことはありません。現役エンジニアの中には文系出身者が多数活躍しています。性格的な部分でいえば、オールマイティタイプの人、悪くいえば「飽きっぽい人」には向いていないかもしれません。何かひとつのことを追求するタイプの人にはエンジニア気質と言えるでしょう。

  • IT業界の有効求人倍率の動向

    人手不足はIT業界全体が抱える大きな課題です。当サイトでフォーカスしているインフラエンジニアはもちろんですが、プログラマやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャなどあらゆる職種で人手が足りていないのが現状です。アベノミクスによる景気回復の波と比例するかのようにIT業界の有効求人倍率も上がり続けています。そのため、未経験者も積極的に採用し、研修制度によってエンジニアとしてしっかり育成するという企業がますます増えてきています。

  • 異業種からIT業界への転身の動向

    インフラエンジニアのような専門知識とスキルを必要とする技術職は、キャリアアップしやすいという特徴があります。実務経験などの経験値がエンジニアの価値として評価され、業界内での転職などでも収入アップしやすいという傾向があります。一方、IT業界は様々な業種の知識やノウハウを要する業界でもあり、かつ慢性的な人材不足も抱えていますから他業界での業務経験も歓迎されるという側面を持っています。終身雇用の文化が崩壊した現代の日本社会では、転職はキャリアアップのための手段となっているのです。