それでも転身が不安なら

それでも転身が不安なら

インフラエンジニアという仕事には興味があり、チャンスがあるなら転身したいと思ってはいるものの、他業界から未経験で本当に転身できるのかという不安がぬぐいきれない人のための不安解消法を紹介します。「IT業界も未経験なのに、インフラエンジニアなんて本当に務まるかな?」という不安があるならとにかく学ぶことが一番の解消法です。知識やスキルは学ぶことで補えます。「本当に転身できるのかな?」という不安はIT業界に強いエージェントに相談するのが不安解消への近道です。

それでも転身が不安ならの記事一覧

  • 知識に不安、事前に学ぶ

    知識に不安、事前に学ぶ

    ELITESはインフラエンジニアを目指す、業界未経験の社会人向けの講座です。講座は土日に開催され、1カ月間のカリキュラムを終了すればインフラエンジニアとして必要な知識と能力が備わります。ELITESではPHP、MySQLなどインフラエンジニアとして必要な知識の学習だけではなく、企業から発注された案件にエンジニアと参加できることが特徴となっています。インフラエンジニアとして実践的な経験を積むことができるのが、他にはないELITES最大のメリットとなっているのです。

  • 知識に自信あり、でも転身に不安

    知識に自信あり、でも転身に不安

    インフラエンジニアを目指し勉強をしてきた人は知識には自信があるでしょう。しかし経験の無さゆえになかなか一歩を踏み出す事ができないかもしれません。でもそのような不安は不要です。信頼のおけるエージェントを探し出す事で安心したサポートを受けられるからです。未経験者歓迎のIT関連のエージェントではアイデムスマートが最もおすすめです。求人メディア事業で培った他のエージェントにはない幅広いネットワークが大きな強みです。専任のキャリアアドバイザーからのサポートにも定評があります。

全く知識がないならまずはチェック

  • 事前にエンジニア適性を見極めておく

    どんな仕事にも適性、つまり「向き不向き」というものがあります。インフラエンジニアももちろん例外ではありません。事前にエンジニアとしての適性を自分でチェックしてみることをおすすめします。IT系エンジニアというと理系の仕事という印象があるようですが、そんなことはありません。現役エンジニアの中には文系出身者が多数活躍しています。性格的な部分でいえば、オールマイティタイプの人、悪くいえば「飽きっぽい人」には向いていないかもしれません。何かひとつのことを追求するタイプの人にはエンジニア気質と言えるでしょう。

  • IT業界の有効求人倍率の動向

    人手不足はIT業界全体が抱える大きな課題です。当サイトでフォーカスしているインフラエンジニアはもちろんですが、プログラマやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャなどあらゆる職種で人手が足りていないのが現状です。アベノミクスによる景気回復の波と比例するかのようにIT業界の有効求人倍率も上がり続けています。そのため、未経験者も積極的に採用し、研修制度によってエンジニアとしてしっかり育成するという企業がますます増えてきています。

  • 異業種からIT業界への転身の動向

    インフラエンジニアのような専門知識とスキルを必要とする技術職は、キャリアアップしやすいという特徴があります。実務経験などの経験値がエンジニアの価値として評価され、業界内での転職などでも収入アップしやすいという傾向があります。一方、IT業界は様々な業種の知識やノウハウを要する業界でもあり、かつ慢性的な人材不足も抱えていますから他業界での業務経験も歓迎されるという側面を持っています。終身雇用の文化が崩壊した現代の日本社会では、転職はキャリアアップのための手段となっているのです。